出会いから離れる必要が秋葉原では無いと思います

「乗っていないのにどうして乗らないの?」

“出会い”

「じゃあ、来月」

「あ、来月」

「いや、ごちそう」

「私は離れる必要がないと思います。」

「自信があった」

「それは自信以上のものです。私が賭けをしたとき、私は負けていました。」

「そうです。私の勝利です!」

「いいえ、出会い。でもあなたはそうです。」

私には親友がいます。

それは私の出会いではなく、自分の一部なのかと時々思います。

なぜあなたはそんなに素晴らしいと感じますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です