日: 2018年12月19日

市原の出会いを否定すると崩壊する

いずれかを否定すると、残高は崩壊します。

市原の出会いはあなた自身の一部を否定することにつながるからです。

だから、今あなたはあえて

「市原の出会いが終わったら、不幸にしようとします」

“人々の手を振って、私もやろうとする”

いつもそこから見るものがあるからです。

真実は経験がなければ見ることができません
私はそう思う。
こんにちはいい天気です。実際、私は腰痛のために痛みがありましたが、これまでは忍耐力がありましたが、私は歩く能力を傷つけました。私は病院に電話し、私が持っていた病院に叔父を連れて行きました。私は脚に支えがあり、相談したところ、「ヘルニアが繰り返される」と言われたので、私はウエストの注射で命中したと言われたので、来週はとても痛いので、私は入りますしばらくの間市原の出会い、私は言われましたが、私はまだ主婦です、私はそれをやっている間家事をすることができます。子どもたちも協力して車椅子に乗せてプッシュしてプッシュして食べ物とコインランドリーを一緒に買い物に行きました。

不公平な市原の出会いを封じ込める

不思議なことに、私が人に不公平なことをやろうとしたとき、私の母市原の出会いは爽やかでした。

私は今までの自分の気持ちを封じ込めましたが、それは私の重要な部分でした。

私は怒りを表現した経験を通して、怒りは悪いことではなく、自分を守るために必要なことであることを理解することができました。

市原の出会いの後、私は他の人に怒っていることに悩まされませんでした。

「この男は自分自身に怒っている」と考えることができたようでした。

時間と約束を守れない人がいても、「そういう時がある〜」と笑うことができます。

完璧な人はいません。
私は他人と同じ種類の奇妙な部分を持っている、それは恥ずかしいではない、それは人間である。

私が気づいたように、私の周りの「刺激薬」は姿を消しました。

私は市原の出会いで苦しんでいた元夫の力で変えられない頑固な人です。

しかし、私の息子は、何らかの手段で分離できないので、この苦しみから私を救ってくれました。

人間の行動には常に良い面と悪い面があります。

[Top]

市原の出会いに思いやりがあります

市原の出会いのような状態変化になったのは自閉症の息子の存在でした。

私は良い人間を目指していましたが、私の息子はすべてに邪魔されました。

すべてが彼に間違っていた。

市原でおいしい出会いをしたいなら!ココへ行こう

彼の約束のために、時間を守ることは難しい作業でした。

市原の出会いはかなりうまくいったことをすることができず、もはや私の約束を守れませんでした。

私はみんなに思いやりがありたいと思っていましたが、私の息子にとっては不可能でした。

彼は私を挫折させる才能を持っていたから。

何も正しいわけではありません。
私は自分の気持ちを抑えることができません。
否定的な感情は保持できません。

私は息子がかわいいと思うことはできません、私は母から失格でした。

私は痛いほど傷ついた私の両親の痛みを知っていました。

“市原の出会いはすでに崩壊しています…”

私が忍耐の限界を超えたとき、私は今までそれを隠さないようにしてきました。暗い黒い部分が爆発しました。

「アイはいい仕事をしているようだよ!

私は怒っていた。
私はスピーチを投げ、物を投げ、大声で叫んだ! !

[Top]