Day: 2019年4月11日

クラムボン好きと市原で出会いました

私はバンドを結成していましたが、それは3人のジュニアガールとの結成でした。

市原で出会いがクラムボンが好きだった。

若い女の子が集まるとき、彼女は楽しい時を過すために話します。
さて、練習しましょう。

しかし、市原で出会いはあなたがいくつかの曲がライブで発表されたことを願っています。
楽しかった。

このようなものは純粋でした。

そして、桜の木の下で、同じバンドのベースバンドの子に告白しました。

子供は、彼が同じサークルにいる年配の男性が好きであることを知っていました。

私と同期してジャズバーで仕事をするのはハンサムでした。

先日、市原で出会いも2人で飲みました、そして、彼らは酔って噛んだと聞いた。

しかし、私はそれを止めることができませんでした。

私は本当にあなたに言いたかったのです。

嵐の後は誰もいなかった川岸の桜の木の下にありました。

市原の出会いで相談に来ます

ハ?ふむ?気持ちでした

私はまだ相談に来ます
市原の出会いは私に話したいですか?
それともあなたは舞台裏で私を笑っていますか?

さて、私は世界で見知らぬ人や見知らぬ人になりたくないので、私は将来的に私の考えを一般理論に近づけたいと思います。
市原の出会いは高層ビルの上から街を見ていました

私はまだ少しです
出発のタイミングが恋しい

ピアノトリオの彼らがイントロにアコースティックギターを歌うのは珍しいことです。

その大気圧のムードが抑制された声がこのシーンに向かって歌うとき、私は自然にその世界の主人公に共感することができます。

私はその場所へ飛ぶことができます。

市原の出会いの大部分だと思います。

のんびりとした休日に朝コーヒーを飲みながらこんな感じ。

私が大学に通っていたとき、私は輪になってバンディングを始めました、そして私は深夜のテレビで彼らに引き付けられました、そして私はテンポの速いバンドを形成しました。

[Top]