秋葉原の出会いでは友達のことは心配していませんでした

どういうわけかこれが終わらないと思いました…

秋葉原の出会いも起こらなかったかのように翌朝帰宅して……

昨夜は車の中で誰も触れないのはおかしいと思ったのですが、友達のことは心配していませんでした

秋葉原の出会いはその夜を夢見ていた…
まったく同じ光景の夢…

しかし、1つの違いがありました…

あれは…

そのような …

秋葉原の出会いはうそだに違いない…

仕方ない…

見えない何かに引っ張られて友達が……

首にびしょびしょにされて救出されてしまい……

夢の中で …

夢の中で …

間違いなく助けた…なぜ