全力で市原の出会い掲示板をやり過ぎています

今、私は常識と他の人々の市原の出会い掲示板に閉じ込められています
失敗を否定しながら、全力で蓋を閉めました。

傷つけないふりをしてトラウマをやり過ぎています。

市原の出会い掲示板

感情や市原の出会い掲示板が麻痺しているようで、原動力である好奇心の泉はまだ体を自然に動かすほどには上がっていません。

あなたが対処しなければならないスピードと強さ
私はそれが迷惑だったことを自己否定しました、
モビングダンナの洗脳が怖いと思った時のことを思い出しました

何年も前、ママの友達を紹介して、ドラゴンの縦目で人間の時空をスキャンできる人を訪ねたとき、
他人の洗脳や恐怖の政治に生き、自分の人生を善と死に捧げる習慣があると言われていました。

私の市原の出会い掲示板の特徴は、そのような僧侶のように生活し、小さな文化に適応することは適切ではなく、目的もないということです。

生きること、湧き出る気持ちを楽しむこと、何かに優しくすること、なぜ何かがおかしいのかを楽しむこと、そして自分を育むこと。

何度も失敗したと思いますw
大変なハードルとして、母親やダンナなど、身近な人と一緒に生まれたのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です