市原の出会いに思いやりがあります

市原の出会いのような状態変化になったのは自閉症の息子の存在でした。

私は良い人間を目指していましたが、私の息子はすべてに邪魔されました。

すべてが彼に間違っていた。

市原でおいしい出会いをしたいなら!ココへ行こう

彼の約束のために、時間を守ることは難しい作業でした。

市原の出会いはかなりうまくいったことをすることができず、もはや私の約束を守れませんでした。

私はみんなに思いやりがありたいと思っていましたが、私の息子にとっては不可能でした。

彼は私を挫折させる才能を持っていたから。

何も正しいわけではありません。
私は自分の気持ちを抑えることができません。
否定的な感情は保持できません。

私は息子がかわいいと思うことはできません、私は母から失格でした。

私は痛いほど傷ついた私の両親の痛みを知っていました。

“市原の出会いはすでに崩壊しています…”

私が忍耐の限界を超えたとき、私は今までそれを隠さないようにしてきました。暗い黒い部分が爆発しました。

「アイはいい仕事をしているようだよ!

私は怒っていた。
私はスピーチを投げ、物を投げ、大声で叫んだ! !